_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2011年11月25日

(TP Basic)Value To Timeの基本

今回はValue To Timeヘルパーオペレーターの説明をします。これはcebasのヘルプによると”The Value To Time Helper gives you the ability to take any scalar value and turn it into a time value. ”とあり、つまり「Value To Timeヘルパーはスカラー値を時間値に置き換えることができる」そうです。なんのことか訳分からないですよね。結論から言うと、このヘルプを読んだだけでは絶対Value To Timeを理解するのは無理です^^;でもこれを理解すればTPがいかに強力かがよく分かるようになります。続きを読む
posted by けゑ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

2011年11月24日

(TP Basic)Debugの基本

 今回はDebugという、TPのデータをチェックする機能を説明します。TPを触っているとデータのフローが間違っていて思い通りに動作しないことがしばしばありますが、原因がどこにあるのかを特定しやすくするためにこの機能を使うと非常に便利です。

DebugBasicIntro.jpg

続きを読む
posted by けゑ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

(TP Basic)threshold condition nodeの基礎

今回はTPのオペレーションで必須の機能の説明としてthreshold condition nodeの説明をします。threshold condition nodeはパーティクルがもつパーティクルエイジ、サイズ、ベロシティー等の各種パラメーターをインプットから読み取り一定の範囲の値を認識した時にBool値のtrueをそうではない場合にfalseをアウトプットするものです。これによってある程度のパーティクルエイジに達したらパーティクルを次のグループに送って削除とか、ある一定の速度内に収まっているパーティクルのみシェイプを与える等のコントロールが出来るようになります。以下のムービーは簡単なサンプルシーンのものです。



続きを読む
posted by けゑ at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Thinking Particles