_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2008年07月23日

瓦礫から毛

sinjukuA_gareki_test.jpg

背景でFurと言えば草原とかに使うことが多いんですが、ちょっとマニアックな使い方として瓦礫に
生やしてみました。これはなかなか使えます。DSC02875.JPG

DSC02877.JPG

ちょっといろいろあって、いつもの90式戦車ムービーに瓦礫を加えてみようかと思って作業して
いたところ、上にあるような、コンクリから鉄線が出ているようなディティールをつけることにしま
した。これをまじめに作るのはしんどいので、MAXの標準Furをコンクリの破損部分から生やして、
そのヘアーをスプラインに変換するという流れをとります。

gareki_01.JPG

 とりあえず瓦礫オブジェクトを作ります。いろいろ作り方はあると思いますが、個人的に最近試している
RayFireTool (http://www.mirvadim.com/) でさくっと作るのがお勧めです。時間がある時に
このツールについてもいろいろ書いてみたいけど、とりあえずは今は言及を避けます。

gareki_02.JPG 

 で、瓦礫を作ったら、破損しているコンクリの面を選択して別オブジェクトにします。その
部分からFurを生やします。

gareki_03.JPG

 あとはいい感じになるようにパラメーターをいじります。いい感じにするコツは、
Kink Parameterの部分に適度な数値を入れて自然なねじれを加えることです。あと、
デフォルトではFurの数が多すぎるので、数を適度に減らし(今回は400本)Dispray Hair
のビューでのパーセントを100パーセントにして完成時のイメージを確認します。

 Okであれば赤線を引いている部分のHair−>Splineを押してヘアーをスプラインにします。

gareki_04.jpg


あとは適当なマテリアルやテクスチャを割り当ててレンダリングします。結構お手軽ながらちょっと
した情報量を足すのにかなり効果的ではないでしょうか。


 
posted by けゑ at 06:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 3DSMAX
この記事へのコメント
アイデアも勿論 素晴らしいのですが、いつもながら、熱心に資料写真を収集されている姿勢に感銘を受けます。(一人のオッサンとしてw)
Posted by rlb at 2008年07月24日 07:18
>rlbさん どうもどうもw建物を解体して
いる時の状態は滅多に見ることができない
ので、崖と同様できるだけ写真を撮るように
しています。やっぱりこういう写真があれ
ばあるほど仕事の効率が上がって稼ぎにも
直結するので否が応でも収集のモチベーション
はあがりますねw
Posted by けゑ at 2008年07月25日 23:35
マ、マニアックすぎる・・・
いやー、あいかわらずマニアックでいいですね

シーグラフの準備進んでますかー?
帰られたら、是非話を聞かせてくださいー
Posted by yu at 2008年07月28日 15:52
>yuさん どもどもwもっとマニアックな路線
突き詰めたいですねー。シーグラフ準備ぼちぼち
ですね。デジタル・ドメイン見学をセッティング
してもらったんでこれは超楽しみ。あ、そう言えば
yuさん何時の間にかHPやってたんですね。あれ
の方も製作進んでるみたいで。完成楽しみに
してます。
Posted by けゑ at 2008年07月30日 08:38
会社からはs籐くんがいくみたいですよー。
学生の頃からHPはあったんですが、あれの製作を機に、ブログを作ってみました。今度の土曜日に録音してきますよー。
Posted by yu at 2008年08月05日 18:01
>yuさん あ、S藤さんとは連絡先交換しました。
時間があれば多少は向こうで合流して飯とか
食いに行くと思います。
 HPは前からあったんすね。手のトランスルーセント
なやつとかなかなか渋くてさすがだなーとか
思ったりしてwそういやもう録音してきたん
ですね。出来が非常に楽しみです。
Posted by けゑ at 2008年08月09日 04:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17243047

この記事へのトラックバック