_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2009年05月06日

GOEMONとヤッターマン見てきました。

 仕事のシミュレーション中に現在公開中のGOEMONとヤッターマンを見てきました。
 
 詳しい説明は省いて率直な感想だけいうと、どちらもよく出来てていい仕事してるなあという感じでした。GOEMONはとにかく映像の情報量が圧倒的で、そこら辺の話は今月号のCGワールドや公式HPにいろいろ情報が載っています。CGワールドの記事によればCGの殆どを手がけたNーデザインは自社ツールなども開発していて、技術力の高さの一端を垣間見ることが出来ます。プリビズやコンセプトアートなどもしっかり作りこまれていて、当たり前のことだけど邦画の予算やスケジュールではプライオリティを低くされがちなプリプロダクションをしっかりやっている気がしました。惜しむらくは映像に対するこだわりが凄い反面CG素材のアンチのちらつきが多く、見ている側としては集中力をそがれるという場面がかなり多いと感じました。これは隣で見てた素人さんらしき人もそう言っていたので、自分も含めそういうところまできちんとしないといかんなあと思ってしまいました。(自分も昔やった作品とかちらつき結構多いまま放置してたやつあるのでw)でも馬のCGや群集など、かなりの少人数で相当レベルの高いことをしているという志の高さが窺い知れてちょっと自分も背筋がぴんとする思いをしたものです。
 それからヤッターマンですが、こっちはレンダリングの品質の高さがかなりのもので、ちらつきがほぼ確認できないというレベルでした。参加プロダクションがかなり多くどこのプロダクションがどこをやったとかあまり認識していないのですが、CINEFEXの広告によればメインのプロダクションのOLMが3Dlightを使ってレンダリングしているとのことです。ちらつきがどうこうというよりアニメーション、エフェクトなどCGの絵としてのクオリティもかなり高く、最近みた邦画ではトップに来る映画かもです。聞いた話だとOLMはかなりの数のレンダーサーバーを保有しているとかで自分もそういう環境で思う存分レンダリングしてみたいと思ったものです。
 自分の見解では、CGの作品の品質はレンダーサーバーの数である程度決まると言っていいと思います。特にエフェクトはトライアンドエラーすればするほど品質に格段の差が出るので、採算のことは別として、もし自分が会社を作るなら最低200台はレンダーサーバーをもてればと思っています。ちなみに去年シーグラフに行ったときにデジタルドメイン見学でお世話になった鍋潤太郎さんによれば、デジタルドメインは2000台くらいのレンダーサーバーがあって、そこで働いていた人が今は亡きオルファネージに行ったときにレンダーサーバーが100台くらいしかないのを知って「これはレンダーファームじゃなくてレンダーガーデンだよ。」とのたまっていたとの話を聞いたのを思い出します。でも逆に、100台くらいあればパイプラインなどしっかりしていた場合オルファネージくらいのハイクオリティのものがコンスタントにできるという指標になるような気もします。もちろんそれ以下の環境でもクオリティの高い作品を出しているところはありますが、実際自分の経験上だと徹夜でトライアンドエラーとか徹夜でちらつき対策とか、そういうのを強いられるのが実情だと思います。もう三十路を超えてくるとあんまりそういうことはしたくないなあとw
 なんかブログの趣旨のエフェクトのことはさておいて完全にマシンパワーの方に話が行ってしまいました。でもやっぱり楽して最高の品質を得たいというのがCGやってる人の思うところなので、自分もいかにしていざというときにより多くの最大瞬間風速を出せる環境にするかを常に模索していきたいと思ってます。
posted by けゑ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28898704

この記事へのトラックバック

「GOEMON 」前作CASSHERNから進歩が見えた
Excerpt: 「GOEMON 」★★★ 江口洋介 、広末涼子 、大沢たかお 、ゴリ 主演 紀里谷和明 監督、2008年、128分 「石川五右衛門の話をベースに 大胆に脚色し、歴史上の人物も ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-05-10 23:25

タイで公開されている邦画GOEMON
Excerpt: 江口洋介が石川五右衛門を演じているそうです。 石川五右衛門は戦国時代に庶民のヒーローだったんですね…。
Weblog: タイランドビュー 〜タイ、バンコク現地情報〜
Tracked: 2009-12-09 15:45