_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2009年05月29日

My Krakatoa購入

 ちょっと自宅でいろいろ作業する関係でインディーゾーンさんよりKrakatoaを自費で購入しました。会社で散々使ってるしライセンス周りの管理もしたしで、さっくりインストールしてさて実験でもと思ってMAXをいじろうとしたらちょっとライセンスの認証で躓いてしまいました。 普通はLMtoolsの設定がきちんといけばインディーゾーンさんより送られてくるライセンス認証の手順を踏んで晴れてKrakatoaを使用できるんですが、MAXでレンダラーにKrakatoaを選択してライセンスサーバーのマシン名を入力したところエラーが出てしまってサーバーを認識できませんでした。
 会社との環境の違いといえば自分のところはライセンスサーバー用マシンと作業用マシンが同じというくらいです。とりあえずライセンスファイルを直接指定する方法で無事起動できたものの、なんか気持ちが悪いので早速インディーゾーンさんに問い合わせてみたところ次のような返答を頂きました。

>お客様分のKrakatoaライセンスはフローティング式のため、
>ライセンスサーバー(Windowsサービス)によって
>マシン間でライセンスを共有することができます。
>ライセンスサーバーを持つマシンでも、
>ライセンスを利用する作業マシンとして自分自身に対して参照できるようになっております。

>しかし、64-bit版のWindows OSによってライセンスの設定に追加の手順がございます。
>サーバーマシンのWindowsバージョンをご確認頂けますでしょうか。

というわけでいろいろマシンのスペックを送ったところ、スクリプトが添付されたメールが返信されて、それによると、

>Windows 64-bitでのご使用の場合、ライセンスサーバーを起動する上、
>下記の手順および添付のスクリプトにてライセンスの参照先を設定頂けます。

>添付の64KrakLicense.txtのファイル名を64KrakLicense.vbsに変更します。
>最後から三行目の[license_server]をご使用のライセンスサーバー名に書き換えます。

>64-bit版WindowsでKrakatoaをご使用の全てのマシンにて、
>64KrakLicense.vbsをダブルクリックして実行して頂くと、ライセンスサーバーの参照先が登録されます。
>64-bit版3ds MaxでKrakatoaのライセンスが取得できるようになります。

とのことです。まだ家に帰ってなくて試していないのですが、とりあえず64Bit環境の方はこういうこともあるので、もしライセンス認証がうまくいかない場合は参考にしてみてください。それにしてもインディーゾーンさんのサポートはいつも早くて丁寧で助かりますね^^;
posted by けゑ at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | krakatoa
この記事へのコメント
どうもプーです♪
Krakatoa購入されたんですね!
実はプーも先日購入しまして
ラインセンス問題でつまずいて
インディーゾーンさんに問い合わせたら
64ビット問題ですぐに解決してもらいました。

対応は早くていいんだけど、この情報をもっと
大きく掲載してもらいたいもんです。

Krakatoa、けっこう色々できないです・・・
(パーティクルを大量に使えるってのはすごい事なんですが・・・)

PFでスクリプトを多様する必要があるかと思います。

けゑさんのKrakatoaレビュー
楽しみにしております♪
Posted by プー at 2009年05月29日 20:56
>プーさん どうもこんにちは。確かにこの情報重要なんで大々的にアナウンスしておいて損はないですよね^^;Krakatoaは使いどころが結構限定されるのでFumeとかアフターバーンのような汎用性には乏しいと思いますが、これじゃないと出来ないエフェクトに関しては威力絶大ですね。とりあえずいろいろ面白い使い方できたら紹介していきますね。
Posted by けゑ at 2009年05月31日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29455021

この記事へのトラックバック