_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2009年08月14日

レーシック受けに行ってきます・その2

いやー、遂にレーシック手術受けてきました。結果から言うと大成功で、裸眼の時と比べて半端じゃなく視力が回復しました。



 

 手術前は一旦事前に検査を軽くして、前回の数値と大きなずれが無いかを確認します。それ自体は大体20分くらいで完了で、すぐに本手術へ。


 まずは角膜を少し剥がすためにレーザー照射をするんですが、一応点眼麻酔をしているんですが、ちょっと痛みは感じます。とはいっても焚き火をしていて煙が目に入ったときよりも全然楽なくらいなものなのであんまりしんどいことはないです。目が動かないようにがっちり固定する器具を装着する瞬間やレーザーを当ててるときはやはりどきどきしますが^^;この過程は大体片目30,40秒くらいで終了です。

 で、次に目のレンズの屈折率を変えるための別のレーザー照射を。これも目をがっちり固定して、20秒くらいレーザーを当てて終了。当てている最中はやや焦げた臭いがするんですが、まあ気にしない方向で^^;この工程は痛みは全くないです。

 手術終了後は20分くらい目を休憩させて軽い検査をして全工程終了。もろもろ1時間かからないくらいで終了です。術後は4,5時間目がしみたりずきずきしたりするんで点眼タイプの鎮痛剤をさしたり、炎症を防ぐための目薬や飲み薬を5種類くらい処方します。術後当日は1時間ごとに決められた目薬をさす必要があってめんどくさいんですが。

 とりあえず手術をした日はPC、メール、テレビなど一切禁止されてて、しかも術後4,5時間は目が乾くといけないから寝てはいけないらしく、この間の暇つぶしが割りと大変でした。でもほんのちょっとメールチェックしたりテレビもなるべく音だけ聞くようにはして見てはいましたが。あと寝るときは目をいじらないように保護用眼帯をつけてから寝るわけですが、これが面倒かもですね。あと女性はメイク禁止だったりするんでそこら辺を考慮する必要はあるかも。

 まあもちろんいろいろ面倒なこともありますが、1日2日我慢すれば視力が完全に戻ることを考えたらこれはかなりお勧めです。自分が受けたコースは17万くらいのものですが、今後20年間コンタクトレンズを使い続けると仮定すると100万円以上の差が出てくるようです。コストパフォーマンス的にも長い目で見るといいですね。

 いやー、しかし視力戻ると世界が広がってみえますね。眼鏡をかけていると物がやや小さく見えるしフレームのせいで視界も狭まるし。以前の裸眼の時と比べると個人的には昔自宅にあった20インチくらいのへっぽこテレビから42インチのKUROなどのプラズマテレビで地デジやブルーレイ見ている感じです。

 というわけで、今日は翌日検査というやつに行ってきます。今後も1週間後、1ヵ月後と検査を受ける必要はあるようです。視力がどこまで戻ったのか具体的な数値を見るのが楽しみです。
posted by けゑ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31295444

この記事へのトラックバック

五十肩 治療法
Excerpt: 五十肩 治療法についての情報です。
Weblog: 五十肩 治療法
Tracked: 2010-03-16 15:13