_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2010年02月26日

「ハリウッドVFXの仕事を日本で受注するための支援」のお知らせ。 経産省のアイデアボックスへの投票、コメントのおねがい。 <アイディアボックスは3/15締め切りです!!>

 現在「毎日、Melスクリプトの勉強!!」のmelonさんが進めている「ハリウッドVFXの仕事を日本で受注するための支援」の提案を経済産業省のアイデアボックスに投稿する運動ですが、今現在様々なコメントが集まっていて、賛成、中立様々な意見が飛び交って盛り上がりを見せようとしています。

https://open-meti.go.jp/ja/idea/00131/ この活動をするにあたってのメリットをmelonさんは以下の様にまとめています。

以前から、活動をすすめていました「ハリウッドVFXを日本で製作」するアイデアを、経産省のアイデアボックスに投稿しました。
タイトルは「ハリウッドVFXの仕事を日本で受注するための支援」 です。
https://open-meti.go.jp/ja/idea/00131/
カテゴリは「3.コンテンツ産業の振興」です。

できるだけ多くの投票、コメントを残すことで、経産省でも真剣に検討していただくことが可能となりますので、どんどん参加してください。

このアイディアボックス以前に経産省の方とやりとりをしましたが、その中で経産省の方は一般に思われているよりも広く、真摯に耳を傾けてくださることがわかりました。
みなさんの意見もちゃんと届きます。

またたくさんの方の意見をあつめるために、この意見とアイデアボックスの存在を広く伝えることに、ご協力ください。
友達、先生、親戚、上司、学生、会社員、管理職、フリーランサー、自営業、アーティスト、プログラマー、日本、海外問いません。

この活動と経緯など詳細な情報は、「日本でハリウッドVFXを製作: 総まとめ」をご覧ください。
http://shikatanaku.blogspot.com/2010/02/vfx_9898.html


<コメントについて>
投票だけでなく、できるだけコメントを書いていただけると、どのような考えをみんながもっているかがより伝わり、効果的です。 簡単なコメントでも結構です。
特に、企業経営者、プロデューサーなど有識者の視点からの意見は経産省でも参考になります。
現役の方は当然ながら、これからの将来を背負って立つ身である学生の方の意見も重要です。

また、通常の掲示板と同じように、質問、応答ができますので、議論を展開できます。
2chのように無駄な会話は慎んだほうがよいですが、真剣な議論の場としては、居住国、年齢、立場に関係なく自由に議論を展開出来ると思います。


また、ハリウッドVFXを請け負うことで、発生した波及効果についてご存知のかたは具体例のご報告をいただけると、貴重な情報となります。
税優遇措置などの施策、それが仕事を受注することを強くサポートしていることはわかっているのですが、それにより地域などにどのような波及効果をもたらしているかということです。
政府にとってはそのあたりも、判断材料となるからです。
特に税優遇措置の地域で働かれている方で、現地情報をお持ちの方がいたらお願いします。

※注意:コメントの文字数制限は500字です。
もし字数が足りない場合は、一度コメントを投稿し、そのコメントへの返信という形にすれば、続きの内容だとわかります。

返信をクリックした場合、コメント欄の先頭に、元のコメント番号が自動的につくはずです。(例:#001)これが表示されないこともあるので、その場合は、自分で#***と元のコメントの番号を入力すれば大丈夫だと思います。


 自分も締め切りの3月15日までに何かしら意見を提出する予定です。現場の一作業員として今日のCG業界の何がいけないのか、また改善することで何が変わるのかを訴えかけてみたいと思います。このエントリーを見て何かしら思うところのある方はぜひご協力をお願いします。
posted by けゑ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35609293

この記事へのトラックバック