_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2010年12月06日

ドイツのPIXOMONDOで働くことになりました。

もう知っている人もいることと思いますが、来年の早くて1月中旬からドイツはベルリンにあるPIXOMONDOという会社で働く方向で現在進んでいます。厳密には労働VISAを取得する為に色々奔走している最中で100パーセント決定と言う訳ではないのですが、ほぼ決定といったところです。  

 さて自分がPIXOMONDOからオファーを受けた経緯を説明したいと思います。自分が海外就職を目指しだしたのは一昨年の2008年のLAでのシーグラフ参加からです。シーグラフにはJob fairという求人コーナーがあるんですが、自分がPIXOMONDOに応募したのは昨年の2009年のニューオリンズでのシーグラフででした。MPCやダブルネガティブ、ルーカスフィルムなど錚々たる会社の中にPIXOMONDOもあったのですが、その時はLA支社での求人でFumeやRealflow等のソフトが使える人材を募集していたので「これはかなり自分向けの求人だな。」と思ってデモリールをリクルーターの女性に渡しました。その時に「人気のある会社は人が殺到してまともにデモリール見てくれない。」という情報を聞いていたので、そのリクルーターに「Can I show my reel at least first one minute?(最初の1分でいいからデモリール見てもらっていいですか?)」と言って実際にデモリールを見せました。その時にこのブログではお馴染みの戦車爆発ムービーを入れていたのですが、それを見たリクルーターがレジュメの上に「Great effect reel」と注釈を書いてくれたのを覚えています。

DSC_8752.jpgシーグラフ2008、LAにて


 厳密にはシーグラフに参加する前にメールでPIXOMONDOには「シーグラフ2009のJob Fairに応募します。」と、レジュメとデモリールのリンクを沿えて連絡していたのですが、その後は別のリクルーターから「応募を確認したのであなたの情報をデータベースに入れておきます。」との連絡が来ました。そこからしばらくは音沙汰がどのプロダクションからもなく「まあさすがに駄目だろうな。」と諦めていたところ、PIXOMONDOのベルリン支社の方から「うちのエフェクトTDがあなたのデモリールをみて興味を持ちました。もし興味があればスカイプ面談をセッティングしますけどどうですか?」というメールが来ました。てっきり来るとすればLA支社からだと思ってはいたものの、その時は超有頂天でもちろん「ぜひお願いします。」と返事をして後日スカイプでの面談に望んだのですが、結論から言うと大撃沈しました。

 まず何よりも「英語が聞き取れないし、聞き取れても答えられない。」これに尽きました。質問の内容は「(少林少女のエフェクトを指して)このエフェクトのパイプラインを説明してください。」とか「Vrayについてどれだけ知ってますか?」とか「シンキングパーティクルは使えますか?」とか「スクリプトを使ってツールを作ることに興味はありますか?」などでした。向こうのエフェクトTDの喋り方が非常に早かったしスカイプの音質が良くなかったと言えば言い訳にもなるんですが、そもそもの語学力が根本的に足りてなくて、結局「あなたの作品には興味あるんですが、international workflowでやっていくには英語力がどうしても必要なんです。」とのお断りのメールが送られてきました。これには本当にショックを受けました^^;

 さすがに今までの英語の勉強方法では通用しないと痛感させられたので、勉強の仕方を根本的に見直すことにしました。これに関してはまた後日後述します。

 英語の勉強も勿論ですが、さらなるデモリールの強化も図らないとと思っていたところ、先日のエントリーに書いたヤマトの話が舞い込んで来ました。これはまたとないチャンスと思ったのですが、今年のシーグラフ2010とスケジュールがもろ被りでした。これにはかなり悩んだんですが、成功するかどうか確証の無いシーグラフでの就職活動よりエフェクトアーティストとして滅多に無い機会をもらったということの方が重要だと考えてヤマトへの参加をとりました。その間は英会話の勉強をしっかりしつつデモリールの強化に励んで次回のシーグラフに備えようと思ったわけです。実際今年の夏はヤマトとドラマの掛け持ちで燃え尽きつつ来年2月公開の「明日のジョー」に突入という超ハードな状態だったので「今年の就活はもういいや。」というのが本音でした。もちろん忙しい時期はあんまり英会話もやってませんでした。そういう完全に腑抜けた状態の時に、全く予期しなかったメールがまたPIXOMONDOから来たのでした。

 そのメールの内容は「また興味あったらスカイプ面談しません?」と言ったもので、しかも「最近英会話勉強してる?」みたいなことも書いてあってどうやら自分の語学力に重きを置いているのが明白でした。これはピンチと思いつつもなんとかチャンスを逃すまいと「勿論です。なるべく早くやりたいのですが、今風邪をこじらしているのでもう少し待ってもらえませんか。」と大嘘をついて時間を稼ごうとしたところ(笑)向こうも「いいですよ。」と言ってくれたのでその間猛勉強をしましたwプライベートレッスンの先生や以前知り合ったイギリス人の知人に質問するなどして自分が今までやったことの復習や前回聞かれた内容を次は答えられるように予習をしていたところ、向こうも向こうで前回のインタビュアーのエフェクトTDが無茶苦茶忙しくなってきたらしく「しばらく待っていてください。」とのメールが来ました。これ幸いということで勉強をしていたらなんだかんだでかなり時間がすぎて9月半ばからやり取りをしていたのが最終的に「10月5日の東京時間で5時からにしましょうか。」という流れになりました。

 そして来る面談当日、「飯食って来まーす。」と会社を抜け出し(笑)4時から自宅にスタンバイして無茶苦茶汚い机の周りを片付けつつ今まで予習したものを見直していました。その間もう緊張で死ぬかと思いましたw そして5時になりスカイプのコールが鳴って1年ぶりにエフェクトTDと会話をすることになりました。

 まず第一声の挨拶が肝心だろうと思って開口一番「Thank you very much for having skype meeting again.」と超滑舌よく言ったところ、向こうは前回と比べてかなり印象が違うと感じたらしく「ほんとに前の人と同じ?」と聞かれました。どれだけ前回がひどかったんだという話なんですが^^;その後は自分では予想しなかったくらいとんとん拍子でインタビューが進み終始いい反応のままインタビューをすることができました。厳密にはまた前回と同じく無茶苦茶早口だし音質も最悪で条件は変わらずだったんですが、今回は勉強の甲斐もあってちゃんと「Could you speak more slowly?」とか「Sorry, I couldn’t catch up what you said because of bad noise.」などと言う余裕があり言われた質問にはほぼ答えることができました。(中には怪しいものも勿論ありましたが^^)

 今回自分が用意した予想問答集の中には前回聞かれて全く答えられなかったところは勿論、他にも考えうる限りの質問を予想しておきました。前回の面談でVrayについて聞かれたということもあってあらかじめモデリング、ライティング、エフェクト、コンポジットなどのスキルを提示できるジェネラリストリールをアップしていたのですが、それに対する回答もばっちりでした。事実今回の面談では同席していたモデラーのチーフがいたためか殆どエフェクトについて聞かれることは少なく、モデリングなどに対する質問が多かったです。「これはVrayでライティングしてるのか?」とか「モデリングにはZBrushを使ってるのか?」など聞かれ、その都度「ライティングはVrayでファイナルのコンポジット以外は全部自分が担当しています。」とか「Zbrushは使ってないですが、基本的にモデリングはMODOでやってます。」とかきちんと答えることができました。(ちなみにVrayはブイレイではなくヴィーレイ、Zbrushはゼットブラシではなくズィーブラッシュと発音します。)最終的にはエフェクトTDも今回のインタビューには満足したようで、今後の契約に向けてのやり取りを説明した後終了となりました。(実はここの一番重要なところが聞き取れてなかったりしてるんですがw)いざ終わってみると拍子抜けするくらいうまく行って脱力したくらいですが、それと同時に前回とは明らかに違う手応えを感じて無茶苦茶嬉しくなりました。

 そしてその後日リクルーターから「エフェクトTDが面談良かったと言ってました。」というメールを貰い、具体的なオファーに向けての準備を進めることになったのでした。ちなみにスカイプ面談の当日の10月5日はなんと自分の誕生日で、最初はなんちゅう日にちに面談やることになったんだと焦っていましたが、終わってみるとこれ以上ない誕生日プレゼントになったわけでこれまた感慨深いものを感じています。

 現在はいろいろ進展して、VISAを取得するために日本にいる自分とドイツのPIXOMONDOのリクルーターやプロデューサーとああでもないこうでもないと奔走している最中です。PIXOMONDOには日本人はおろかアジア人が在籍していないとのことなので、そういった人を採る為のノウハウが少ないようです。ここはまたいろいろ別エントリーで説明して行きたいと思います。

  とまあ、長々と今までの経緯を書いてみました。しかしまあ最終的な可能性としてVISAが取れないというのも残っているので、駄目だった時は勿論日本残留です^^;でもそれはそれでいいというか、PIXOMONDOからオファーをもらえたと言う既成事実だけで今後5年は満足してやっていけそうですw嘘ですけど^^;とにかくまた何かしらの結果が出次第随時報告したいと思います。
posted by けゑ at 02:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 海外就職
この記事へのコメント
凄いですね。海外のプロダクションに就職決まったんですか!!おめでとうございます。存分の活躍をされます様お祈り申し上げます。
Posted by 名無しのよっちゃん at 2010年12月08日 21:07
>名無しのよっちゃんさん ありがとうございます!厳密には就職が95パーセント決まりかけてます^^;あとはVISA次第です。ドイツの凄腕に囲まれつつも自分の良さを存分にアピールできればと思っています。
Posted by けゑ at 2010年12月15日 04:40
おめでとうございます!自分も日本で似たような経験をしたからでしょうか、読んでいるうちに熱くなりました!(<−日本でCGやってる外国人)慣れない食文化や、習慣などで戸惑ったり苦労したりすると思いますが、逆に楽しい事もわくわくする事も多いと思います。どうか体気をつけてください。応援してます!
そしてツイターでフォローしました。^^よろしくお願いします。
Posted by WildRoseBoy at 2010年12月15日 11:18
おめでとうございます!!
ドイツへ行ってからも存分なご活躍をお祈り申し上げます。

ご活躍楽しみにさせて頂きます^^
生活が一変するとは思いますがご健康にはお気をつけください。


就職までの経緯を細かく書いて頂き、ありがとうございます。とても参考になりました!
Posted by Ryu Y at 2010年12月15日 11:51
おめでとう!
けゑさんの向学心のたまものですね。
いっぱい吸収してまたここでいっぱい広めて
ください。
ご活躍期待してます。
Posted by oguken at 2010年12月15日 16:41
これは非常に参考になるエントリーですね。
生々しくも詳細なレポート、お疲れ様でした!
そしてドイツへ行かれても引き続き、twitterなどでの情報の垂れ流しをお願いしますw

ご活躍を期待しております!!
Posted by ひらく at 2010年12月15日 17:35
おめでとうございます!
ツイッターでフォローさせていただいてますが、こんなに細かく経緯を読むともっと中身が濃く感じられました。


なんだか一つの本を読んでるように、わくわくしながら読み進めました。先も気になります!
また状況アップしていただけると幸いです。

自分はまだ業界2年なのですがいつの日か、やはり海外も目指したいです。英語の勉強法もまた参考にしたいのでお教え
ていただきたいです。

引き続き、手続きなどうまくいくことをお祈りしております。
Posted by me at 2011年01月08日 16:40
返事遅れてすいません。諸々さぼってました^^;あと明けましておめでとうございます。

>WildRoseBoyさん ありがとうございます!色々新しいことばかりでかなり大変ですがそれもいい勉強だと思って楽しんでいくことにします。今後もツイッターなどでよろしくお願いします。

>Ryu Yさん ありがとうございます!向こうは尋常じゃない寒さらしいですがなんとかやっていきたいですね。Ryu Yさんも海外に挑戦されていることと思いますが、ぜひ参考になれば幸いです。

>ogukenさん ご無沙汰してますー。暫く更新してない間に色々やってましたwあっちにいっても色々情報発信していきますんで楽しみにしててください。



Posted by けゑ at 2011年01月09日 01:41
>ひらくさん どうもありがとうございます。今後海外を目指す人の為に何かしら参考になればと思ってなるべく詳細に書いてみましたwまた今後も色々つぶやいたりブログに書いたりしてみますね。

>meさん ありがとうございます!自分の経験談でよければまた色々報告しますね。meさんも海外いずれ目指すということで僕も応援してます。何かしら聞きたいことがありましたらいつでもどうぞー。
Posted by けゑ at 2011年01月09日 01:49
笑っちゃうぐらい同じような経験して今オーストラリアに居ますw

やっぱ一度面接で激しい敗北感味わうのが英語勉強の第一歩ですね。
Posted by hajime at 2011年01月10日 15:54
>hajimeさん 長らく放置しててすみません^^;やっと復帰しました。やはり人生強烈な敗北感はマストですねwそこから立ち上がって初めて道が開けるとwとりあえずは同じ海外組の仲間入りできたので今後ともよろしくお願いします。
Posted by けゑ at 2011年07月23日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41982298

この記事へのトラックバック