_581x100.png CGsyomei_583x102.gif 訪問者 無料カウンター ページビュー 無料カウンター

2011年11月24日

(TP Basic)threshold condition nodeの基礎

今回はTPのオペレーションで必須の機能の説明としてthreshold condition nodeの説明をします。threshold condition nodeはパーティクルがもつパーティクルエイジ、サイズ、ベロシティー等の各種パラメーターをインプットから読み取り一定の範囲の値を認識した時にBool値のtrueをそうではない場合にfalseをアウトプットするものです。これによってある程度のパーティクルエイジに達したらパーティクルを次のグループに送って削除とか、ある一定の速度内に収まっているパーティクルのみシェイプを与える等のコントロールが出来るようになります。以下のムービーは簡単なサンプルシーンのものです。



続きを読む
posted by けゑ at 04:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Thinking Particles

2011年08月13日

エクスプレッションを使った波紋の表現(TP rain system)



これは先日アップしたVimeoのHD確認用ムービーと同じなのですが、元々はエクスプレッションの勉強も兼ねて、TPである1点から円状にパーティクルを発生させるにはどうしたらいいか考えて実際にそれを水面の波紋として使ってみようと思い色々実験したものです。感触としては非常にいい感じになったと思います。今回このプロシージャルな雨のシステムをTP rain systemと呼ぶことにしました。

 TP_rain_system_cap.jpg

 今回波紋に関しては波紋用のパーティクルを一旦シーケンステクスチャとして真上からレンダリングし、それを水面のディスプレイスメントマップとして活用することで実現しています。それでは以下このTP rain systemの説明になります。続きを読む
posted by けゑ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

2011年08月11日

vimeo用ムービー書き出しの設定

 自分もテストムービーなどをアップするのに使っているvimeoですが、とりあえず自分なりの最適なセッティングというものがあるのでそれを紹介したいと思います。以下のムービーは普段自分が使っている設定で書き出したものです。ノイズなど非常に少なく綺麗に再生されていると思います。(HDをONにして再生してみてください。)



続きを読む
posted by けゑ at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | After Effect

2011年08月02日

position bornでテクスチャのグレースケールを参照してパーティクルの発生場所やスピードをコントロールする方法

 以前「シンキングパーティクル学習 普段パーティクルフローでやっている方法をシンキングパーティクルで再現してみる。その1」というエントリーでグレースケールのテクスチャの輝度情報でパーティクルの発生位置と速度をコントロールする方法を紹介しましたが、今回はObj.To Particleで発生させたパーティクルのシェイプ等から同じようなことをしようとする場合どうすればいいのかを考えてみます。この場合はmatter waveのようなあらかじめ用意されたパラメーターが使えないのでノードの組み合わせでこれを再現する必要があります。



続きを読む
posted by けゑ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

ノードからの距離によってパーティクルのグループを切り替える方法

 久々のTPメモです。今回はノードからの距離によってパーティクルのグループを切り替える方法です。


続きを読む
posted by けゑ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

2011年07月25日

選択したポリゴン面の一括デタッチとその注意事項

detach_result.jpg

編集可能ポリゴンの選択したポリゴン面を全て一括でデタッチして別オブジェクトにしようと思い色々調べたところ次のようなスクリプトを見つけました。

poly_count = polyop.getNumFaces $

for i = poly_count to 1 by -1 do

(
   polyOp.detachFaces $ #{i} asNode:true name:"Object01"

)

使い方は、編集可能ポリゴンにしたオブジェクトのポリゴン面を選択し、スクリプトを実行するだけです。各ポリゴンはObject01と名前のついたそれぞれ別オブジェクトになります。


スクリプトのヘルプによれば、polyop.getNumFaces $は選択したポリゴン面の数を返し、 polyop.detachFaces $は選択しているポリゴン面をそれぞれデタッチします。後ろについているasNode:trueはデタッチした後に別ノード、つまり別オブジェクトにするかということで、name:"explodedObject"は別オブジェクトにしたものに名前をつけるためのオプションです。

 このスクリプトを見ててどうも腑に落ちないところがあったのですが、それはなぜfor i = poly_count to 1 by -1 do と、トータルのポリゴン面数から1へと数字を繰り下げながらfor loopを回しているのかということです。ちなみにこのように

poly_count = polyop.getNumFaces $

for i = 1 to poly_count do

(
polyOp.detachFaces $ #{i} asNode:true name:"Object01"

)

1から順に処理していく方法だと以下のようなエラーが出てfor loopの4回目以降が走りません。

-- Frame:
-- i: 4
-- Runtime error: EPoly face index out of range: < 1 or > 3: 4


これに関してツイッターで質問をしたところ、@k240さんと@daiiiさんに非常に分かりやすく説明して頂きました。

続きを読む
posted by けゑ at 07:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Max Script

2011年02月04日

今ベルリンに来てます。

 先月末より、ドイツのベルリンに無事到着してPIXOMONDOの仲間入りを果たすことができました!(
 ちょっとまだ時間がないので詳しいことが書けないのでまた後ほどー。)
posted by けゑ at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外就職

2011年01月09日

英会話についての個人的考察

 今回はCGから少し離れて海外就活をするなら避けては通れない英会話について自分の意見を述べてみたいと思います。これはあくまでも個人的な見解で絶対的なものではないのであしからず^^;続きを読む
posted by けゑ at 07:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 英語学習

新年明けましておめでとうございます。

 もうすでに日がかなり経ってますが、明けましておめでとうございます。相変わらず書くペース遅いですが今年もよろしくお願いします。

去年は色々と怒涛の展開があり非常に充実した1年になりました。ヤマトを始めとしたエフェクトヘビーな仕事に多数関われたのもそうですが、長いこと挑戦していた海外就活も結果を出すまであと少しのところまで来たことも自分の中では相当大きな出来事でした。そういった諸々の出来事を振り返りながら今年の抱負も含めて今後の展望を書いてみたいと思います。続きを読む
posted by けゑ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年12月16日

2010年12月06日

ドイツのPIXOMONDOで働くことになりました。

もう知っている人もいることと思いますが、来年の早くて1月中旬からドイツはベルリンにあるPIXOMONDOという会社で働く方向で現在進んでいます。厳密には労働VISAを取得する為に色々奔走している最中で100パーセント決定と言う訳ではないのですが、ほぼ決定といったところです。続きを読む
posted by けゑ at 02:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 海外就職

2010年12月04日

初のツール「color changer」と処理速度に関する疑問点

以前やっていた仕事で、大量の草オブジェクトのワイヤーカラーをそれぞれランダムな色に、もしくは適当な色を一度に当てる作業を簡略化したいと思って初の簡単なUI付きツールを作りました。その名も「color changer」ですが、いろいろと疑問点も出てきました。
color changer.JPG
続きを読む
posted by けゑ at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Max Script

ポイントキャッシュを選択したオブジェクトに追加

久々のスクリプトの勉強関連です。今やってる仕事で複数のオブジェクトにポイントキャッシュモディファイヤを追加する作業が発生していてスクリプトでやってしまおうということになったんですが意外と上手くいかなかったのでメモっておきます。続きを読む
タグ:Max script
posted by けゑ at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | Max Script

2010年04月07日

backburnerのJOBの置き場所変更

http://sakuyagi.blogspot.com/2010/01/backburnerjob.html

sakuyagiさんのブログより。これは知ってると便利ですね。バックバナーでジョブを投げるマシンのHDDがぱんぱんのときかなり効果あると思います。
posted by けゑ at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DSMAX

2010年04月04日

痴山氏によるパイプライン専門チーム構想

元リンクスにてTDとして活躍されていた痴山 紘史氏がこの度個人の事業として「パイプライン専門チーム構想」なる活動を立ち上げました。

http://philosy.com/

続きを読む
posted by けゑ at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | CG

2010年03月27日

ミサイルみたいな長い距離を移動するオブジェクトの煙を効率よく計算する方法

kemuri_long_top.jpg

ミサイルみたいに蛇行しつつかなり長い距離を煙を出しながら進むもののエフェクトを作る際に一番困るのが、ミサイルの軌跡をカバーするためのグリッドがとんでもなくでかくなってしまうということです。これをうまく回避して効率よくFumeのシーンを組むベストな方法を紹介します。続きを読む
posted by けゑ at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | FumeFX

2010年03月23日

わざわざまとめる程もないTPメモ その4

オブジェクトの中にパーティクルが入ったときにパーティクルを消したい場合、In Meshを使ってオブジェクトの中に入ったパーティクルを検知し、別のグループに送る。そしてそのグループに対してParticle Dieをかけてあげる。ちなみに別のグループに送る際のグループはスタンダードオペレーターのGroupで、グループセクションのGroupやコンディションセクションのIn Groupではないので注意。

prt die_A.jpg


prt die_B.jpg
posted by けゑ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking Particles

2010年03月16日

2010年03月15日

経済産業省アイデアボックス投票締切日は今日です!

https://open-meti.go.jp/ja/idea/00131/

melonさん主導の「ハリウッドVFXの仕事を日本で受注するための支援」運動の経済産業省アイデアボックスへの意見投票ですが、今日が締め切りとなっています。皆さん振るって参加しましょう。
posted by けゑ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(1) | CG

2010年03月13日

MAYA2011のエフェクト周り

http://area.autodesk.com/blogs/duncan/some_fun_stuff_in_maya2011

先日Autodesk製品の2011版が発表されましたが、MAYA2011のエフェクト周りで特にフルイドがかなりパワーアップされています。
posted by けゑ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MAYA